足元

落ち葉の季節がやってきた。

 

日々、落ち葉を目にすることだろう。

 

掃除も大変だ。

 

 

 

さて、落ち葉は表向きが多いだろうか、

 

それとも裏向きが多いだろうか。

 

 

 

 

答えは、

 

 

 

 

 

 

 

裏向きが多いのだ。

 

ご存じだっただろうか。

 

残念ながら私は知らなかった。

 

小さいころから庭の落ち葉拾いは

 

よくやっていたけれども、

 

考えたこともなかった。

 

言われてみれば

 

そうなのかというくらいだ。

 

 

 

 

落ち葉の向きに

 

興味を持ち

 

調べ上げた高校生がいる。

 

 

長崎県の高校2年生の女の子だ。

 

研究内容も非常に素晴らしい。

 

何よりも

 

こんな身近なことに

 

興味関心を持ち

 

研究したということが

 

すばらしい。

 

落ち葉ならば、

 

だれもが

 

気づくことのできるテーマだ。

 

でも

 

ほとんどの人が

 

見ているようで

 

見ていないのだ。

 

 

 

実は、

 

私たちの身の回りには

 

見ているようで

 

見ていない

 

大発見が

 

まだまだ

 

もっともっと

 

埋もれているのだろう。

https://this.kiji.is/707230569403498496?c=174761113988793844

 

 

 

 

一昨日書いた

 

光るミミズも全く同じ。

 

光るミミズはその名の通り、

 

夜になると光るので、

 

ホタルミミズと呼ばれている。

 

冬に見られる生き物だそうだ。

高橋所長が撮影したホタルミミズ

 

ホタルミミズは

 

1934年に大磯町で初めて確認されて以後、

 

70年間で20件ほどしか発見されておらず、

 

「幻の光るミミズ」だった。

 

しかし、近年は全国で発見の報告があり、

 

身近な生物になっていった。

 

 

なぜ、近年は多くの発見があり、

 

以前は「幻の光るミミズ」だったのかというと、

 

だれもが、土の中を掘り返しても、

 

注意していなかっただけなのだ。

 

きっと

 

多くの人がホタルミミズを

 

目にしていたのだろう。

 

しかし、

 

そのミミズが

 

ホタルミミズだと

 

分からなかっただけなのだ。

 

 

 

 

落ち葉とミミズの話は、

 

大切なことは

 

自分の足元にある

 

ということを

 

教えてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって「学割」の話。

 

学校を卒業したら

 

「学割」はなくなるものだ。

 

しかし、以下をよくご覧いただきたい。

 

●の一番下の部分だ。

 

PTAの役員はアップルの学割対象者なのだ。

 

アップルに確認したところ、

 

オンラインの購入では、

 

後日PTA役員であることの

 

証明ができるもの(名簿など)

 

の提示が必要になるが、

 

電話注文だったら

 

その場で学校名や役割などの確認をするだけ

 

とのことだ。

 

PTA役員はとても大変な仕事だが、

 

これはちょっとしたご褒美だと思う。

前の記事

挑戦をやめない生き物

次の記事

共学と別学