MENU

 

※休講などのお知らせはコチラ【現在はありません

 

新入塾生受付中

個別入塾説明会実施します

中3生・・・・・北辰対策・学校選択問題の公立高校対策を想定した授業。埼玉県公立高校学校選択問題採用校の志望者および私立単願者のみ募集。
中2生・・・・・受験の土台作り定期テストにもしっかりと対応します。(あと2名募集)
中1生・・・・・中学生の学習習慣の確立。定期テストのための勉強方法や高校入試のしくみについてもしっかり理解。
小学生・・・・・苦手克服得意教科づくり。わかる・できる・たのしい(申し訳ありませんが、定員に達したため募集停止しております)

 

【2020夏期新入塾キャンペーン特典】

2つの特典!

①通常授業2週間無料体験
②入塾金16,200円免除! 

 

以下の小中学校の子どもたちが辻本塾で楽しくしっかりと学んでいます

【小学生】志木小学校・志木第二小学校・志木第三小学校・志木第四小学校・宗岡第三小学校など

【中学校】志木中学校・志木第二中学校・宗岡中学校・水谷中学校・新座第二中学校・新座第四中学校・朝霞第二中学校など

 

▼入塾相談・学習相談・進路相談など承ります。

14:00~(月~土)
ホームページからご予約ください。
お気軽にご相談ください。
日曜日の受付時間はお問い合わせください。

 

 

おごり

芸能界では一緒に飲食に出かけた場合、

 

1年でも芸歴が長い方がオゴるのが常であるらしい。

 

芸人はそのあたり徹底しており、

 

たとえ後輩の方が売れていても、

 

売れてない先輩が全額を払うのが常識になっているそうだ。

 

ある若手芸人数人が連れ立って飲み屋に行った。

 

みんなで飲んでいるとその同じ店の片隅にビートたけしさんがいた。

 

あまり面識はなかったのだが、

 

芸人として全員で挨拶に行った。

 

途中たけしさんが帰るときに、

 

若手芸人の勘定も全部支払ってくれた。

 

恐縮した若手芸人たちは、

 

帰り支度をしているたけしにお礼を言いに行った。

 

すると、たけしはニッコリと笑ってこういったという。

 

「いいんだよ。君たちが売れたらオイラを使ってね」

 

 

 

幕末から明治の大名人といわれた講釈師の神田伯山氏は、

 

名奉行・大岡越前の創作噺「天一坊」で人気を集めた。

 

「伯山は天一坊で蔵を建て」と川柳に詠まれるほどで、

 

80人以上の弟子がいたという。

 

ある日、外出した伯山が、お供の末弟子に言った。

 

「おい、そばを食おう」

 

ところが店に入って注文したのは、自分のそば1杯。

 

不審げな弟子に、伯山が一言。

 

「食いたかったら芸を勉強しなよ」

 

弟子は家に帰るなり、父に不満をぶつけた。

 

すると父は、師匠の家に向かって両手をつき、感謝を。

 

そして“今は一番下だが早く一人前になれ”という励ましなのだ、と。

 

心を入れかえ稽古に励んだ弟子は後年、

 

先輩たちを追い越し、2代目・神田伯山となった。

 

師の言動を恨んだままでいたら、

 

後の大成はなかったかもしれない。

 

それが父によって師の深い思いに気付かされ、

 

弟子の心は変わった。

 

出来事そのものは変わらなくても、

 

「捉え方」が変わったことで、

 

未来が開けたのである。

 

 

 

神田伯山氏の話とビートたけしさんの話は

 

正反対の話のように聞こえる。

 

しかし、その根底には

 

あたたかい励ましがある。

 

人生には、さまざまな出来事がある。

 

その一つ一つを、どう深く捉えられるか。

 

心が変われば、世界が変わる。

 

 



「臨界点」と言える瞬間

物質は,ある温度・圧力を越えると性質が劇的に変化します。
その点を「臨界点」と呼びます。
たとえば,水の臨界点は347℃・218 気圧。
ここを超えた水は酸やアルカリにも溶けない金をも溶かし,
猛毒のダイオキシンでさえも分解すると言われます。

人生にも「臨界点」と言える瞬間があると思います。
ある一点を突きぬけ,自分の壁を打ち破ったとき自分が劇的に変わる,
その臨界点を信じて挑戦し続けることが大切です。
辻本塾が学習や受験を通して臨界点を越えられる場でありたいと願って指導しています。
子どもたちが自分の壁を打ち破ったとき,物事や将来に対しての見方・考え方が変わり,そしてたくましい顔つきになっていることでしょう。それを全力で応援していきたいと思います。

アクセス

●住所:志木市柏町4-5-1
●交通:東武東上線「志木駅」徒歩5分

PAGE TOP