MENU

 

※休講などのお知らせはコチラ【現在は特にありません

 

3学期生受付開始
現中3生・・・・・ご相談ください。
現中2生・・・・・あと12名募集。来年度に向け、北辰対策・学校選択問題の公立高校対策を想定した授業を実施。学校選択問題採用校の志望者、および私立単願者のみ募集。
現中1生・・・・・あと10名募集。受験の土台作り。定期テストにもしっかりと対応します。
現小学生・・・・・各学年若干名募集。苦手克服。得意教科づくり。新中1の中学入学準備も行います。

 

【ご好評につきもう少し期間延長! 新規開校キャンペーン特典】
①通常授業2週間無料体験
②入塾金16,200円免除! 
③転塾の方は通常授業の年間教材費を半額免除

 

▼入塾相談・学習相談・進路相談など承ります。

14:00~(月~土)
ホームページまたはお電話でご予約ください。
塾長の辻本がしっかりと対応させていただきます。
お気軽にご相談ください。

数字にするから分かることもある

人生百年時代。

 

ならば人の命はおよそ36500日。

 

今40歳のお父さんお母さんは残り21900日。

 

 

現在小学校3年生の子どもが大学卒業と同時に

 

独立するとしたら

 

家族が一緒の家に住んでいられるのは

 

残りあと4745日。

 

 

年間の週末は52回。

 

中学生以上になると

 

部活動とかあって

 

家族で出かける機会が少なくなってしまう。

 

現在小3の子が小学校卒業までの週末の日数は合計で330日ほど。

 

この中で家族そろって行動できる日はどれくらいあるのだろうか。

 

 

 

人生の時間は思いのほか短く感じませんか。

 

こういうのは

 

子どもにこそ伝えたほうがいい。

 

大人は分かっているから。

 

 

 

でも、親が言っても

 

反発されたり

 

スルーされたりすることもあるだろう。

 

だから、私が生徒たちに教えてあげようと思う。

 

 

 

 

 

数字だからこそ伝わる思いってありますよね。



「臨界点」と言える瞬間

物質は,ある温度・圧力を越えると性質が劇的に変化します。
その点を「臨界点」と呼びます。
たとえば,水の臨界点は347℃・218 気圧。
ここを超えた水は酸やアルカリにも溶けない金をも溶かし,
猛毒のダイオキシンでさえも分解すると言われます。

人生にも「臨界点」と言える瞬間があると思います。
ある一点を突きぬけ,自分の壁を打ち破ったとき自分が劇的に変わる,
その臨界点を信じて挑戦し続けることが大切です。
辻本塾が学習や受験を通して臨界点を越えられる場でありたいと願って指導しています。
子どもたちが自分の壁を打ち破ったとき,物事や将来に対しての見方・考え方が変わり,そしてたくましい顔つきになっていることでしょう。それを全力で応援していきたいと思います。

アクセス

●住所:志木市柏町4-5-1
●交通:東武東上線「志木駅」徒歩5分

PAGE TOP