出会い

「私の生涯を通じて忘れることのできぬいちばん重大な日」――

 

アメリカの社会福祉活動家ヘレン・ケラーが、そう記した日がある。

 

7歳になる年の3月3日、

 

初めて家庭教師のアン・サリバンと出会った日だ。

 

 

 

ある日、2人は、大きさの違う玉を、

 

決められた順序で糸に通す練習をした。

 

 

目・耳・口の三重苦を抱えたヘレンは、何度も順序を間違えてしまう。

 

失敗に気付いたヘレンは、

 

どのような順序だったかを思い出そうとした。

 

 

その時、サリバンはヘレンの手のひらに「考える」と書いた。

 

それは、植物や物の名前など、

 

ヘレンが手に触れるもの以外の言葉を、

 

初めて知った瞬間だった。

 

 

 

サリバンは日常のさまざまな機会を逃さず、

 

ヘレンの成長へとつなげた。

 

 

 

その感謝を、ヘレンはこう述べている。

 

「私のうちにあるすべての善きものは、

 

ことごとく先生のものなのです」

 

 

 

 

人生は、出会いによって大きく変わる。

 

さあ冬がきっぱりとやってくる。

 

当塾の冬の体験授業キャンペーンがはじまる。

 

あらたな出会いを楽しみしたい。

コメントを残す

前の記事

堀が埋まる

次の記事

スランプ