まだまだ

「私はまだ『これが自分の小説である』

 

と言えるほどのものを書いていない」

 

かつて、作家・山本周五郎が自らの小説に対して綴った所感である。

 

『赤ひげ診療譚』『樅ノ木は残った』など、

 

数々の名作を発表した後のことである。

 

周五郎は「すべては『これから』のことである」

 

と強調する。

 

彼の心は「これまで」に書いてきたものに

 

関心はなかったのである。

 

 

「生涯一書生」を座右の銘とした作家・吉川英治も、

 

常に前を見つめ、高みを目指した。

 

「小さな山の頂へ、

 

ドッカと胡床〔あぐら〕をかいてしまうようなことになっては、

 

もう人間もお仕舞である。

 

進歩も発展も何も彼〔か〕もなくなる」と。

 

 

今が順調であれ、逆境であれ、

 

そこを出発点として未来へと前向きに生きる。

 

「いよいよだ」と挑戦を重ねていく。

 

そんな生き方がいい。

 

人は過去の栄光に安住する自身に、

 

なかなか気づかないものだ。

 

そこに慢心が忍び寄る隙が生まれる。

 

だからこそ、慢心を打破する地道な実践が大切になる。

 

油断を排し、いつも「さあ、これから」と、

 

惰性を打ち破る日々でありたい。

前の記事

あいさつ

次の記事

自身の変革