億劫

「面倒くさい」という言葉を授業中に耳にした。

 

算数の計算問題がたくさんあるからだそうだ。

 

問題を出す側としては

 

無駄に多くの問題を出しているわけではなく、

 

同じように見える問題でも

 

実はタイプが違うのだ。

 

そして多くのタイプを解いておかなければ

 

ミスが起こりやすいのだ。

 

 

 

面倒くさくて気が進まないことを「おっくう」という。

 

もともとは「億劫」の読みが変化したものだ。

 

「劫」とは非常に長い時間の単位を指す。

 

「1劫」を約1600万年とする説もある。

 

その億倍が「億劫」というのだから、想像を絶する長さだ。

 

あまりに長く耐えがたいことから、

 

「面倒くさい」との意味で使われるようになったと考えられる。

 

 

 

先ほどの算数の問題も

 

その生徒から見ると

 

途方もなく数多くの問題に見えているかもしれないけれど

 

実際に数えてみると

 

数十問くらいに過ぎない。

 

しかもその1問1問にはそれぞれに意図があるのだ。

 

 

 

学習に限ったことではない。

 

運動でも芸術でも仕事でも

 

おっくうがる自分の弱さを打ち破って、

 

純粋に、

 

たゆまず実践を続ける中に、

 

本当に進むべき道があることを忘れまい。

コメントを残す

前の記事

人生哲学

次の記事

学びはいつまでも