高い山を登ること自体を目的にしない!

先日発表された医師国家試験の大学別合格率をみた。

 

偏差値ランキングトップの東大医学部が合格率トップではない。

 

しかも、これは今年に限った話ではない。

 

100名のうち数名から10名ほど受からない生徒がいるのだ。

 

今年は新卒では100名受験したが、96名の合格だった。

 

合格率は96%。前年よりも7%ほど上昇している。

 

既卒(浪人)では15名の受験者のうち6名のみの合格。

 

合格率はわずか60%だ。

 

自治医科大学と大阪医科大学、産業医科大学は

 

合格率が100.0%だった。

 

医師国家試験の全体の合格率は92.1%だった。

 

東大医学部には学力の高い生徒がたくさんいるはずだ。

 

なぜ合格率が平均以下なのだろうか?

 

 

東大の医学部では、国試対策の授業やテストをほとんど行わない。

 

さらに、受験界の頂点君臨する学部に入ることが目的になっていて、

 

医学そのものにあまり興味が持てない人もいるという。

 

医学部に入るのは何のためなのかという動機を

 

しっかりと持ち続けていないと

 

6年間の猛勉強に耐えることもできなくなってしまう。

 

繰り返すが、

 

東大の医学部に入ることは非常に難しいことだが、

 

その合格者の中にも少なからず

 

医師国家試験に合格できないまま

 

卒業する生徒がいるということを忘れないでほしい。

 

佐藤優氏の以下のリンクは非常に興味深い。

 

https://gentosha-go.com/articles/-/24323

 

前の記事

学年と学習時間

次の記事

辛抱ばい