最新の高校生のなりたい職業ランキング第1位は看護師だった。

 

高齢化が進行していく中

 

医療の重要度はますます高まっていくことだろう。

 

コロナ禍の中、看護師はとても大変な仕事ではあるが

 

やってみたいと考えている高校生がたくさんいるということだ。

 

 

 

高校生と違って

 

中学生のうちに自分の将来の方向性を考えて進学する人は少ない。

 

多くの場合、高校進学は普通科に進学し、

 

高校在学中に方向性を決めて

 

高校卒業後の進学先で専門教育を受けることになる。

 

その場合、高校進学は次のステージへの準備期間と言える。

 

しかし、看護師になりたいという希望が明確な人は

 

中学を卒業したら、

 

職業に直結する専門教育を受けることで

 

高校進学を明確に職業と結びつけることができる。

 

 

 

中学卒業後に看護師の勉強ができる学校は全国で78校ある。

 

基本的には5年間の一貫コースだ。

 

それが看護師になる最短コースだ。

 

埼玉県には1校だけ設置されている。

 

埼玉県立常盤高校だ。

 

ホームページを見てみたが、

 

説明会などは今年度のものに変更されていなかった。

 

しかし、県内唯一の看護師になるための高校であるし、

 

合格率はホームページによるとほぼ100%とのことだ。

 

興味が少しでもある人は見ておくことをお勧めする。

 

うちの塾にも常盤高校に進学希望者がいる。

 

念願をかなえて、立派な看護師になってほしいと願う。

 

最初は小さな興味でいいと思うのだが、

 

自分の将来を考えるきっかけをみつけ、

 

それを調べていく中で、

 

自分の進むべき道が

 

少しずつ見えてくるのではないだろうか。

https://benesse.jp/juken/202105/20210505-1.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

数字

次の記事

学習方法