負け続けないこと

点数が取れなかったのだから、なんらかの理由があるのだろう。

 

よくあるのが「問題を読み間違えた」「何がきかれているかよく分からなかった」だ。

 

運が悪かった、問題出す方がもっと分かりやすい問題を出せばいい、など思う人はいないだろうか。

 

私はただの練習不足だと思う。多くの問題の解き、いろんな問題パターンに慣れていると

 

このようなことはまず起こらないから。

 

次によくあるのが、「時間が足りなかった」だ。

 

試験は時間との戦いだ。

 

日頃から問題を解く時間を意識してトレーニングを積んでいくのだ。

 

だから、時間が足りないという人もトレーニング不足なのだ。

 

一番危険なのは「勉強不足だった」という理由だ。

 

やっていないのは自分が一番よくわかるだろう。

 

サボってしまったのか、時間管理をミスってしまったのか、

 

モチベーション管理ができなかったのか、あるいは体調管理ができなかったのか。

 

いずれにしても勝ち負けでいうと「負け」だ。

 

しかし、そういうことって誰でもある。

 

 

問題は次のテストだ。

 

次こそ歯を食いしばって負けないこと、

 

つまりいい点数を取ることだ。

 

2連敗してしまうと、負けに慣れてしまいかねないから。

 

そして3連敗も4連敗もすると、逆にいい点数を取ることが珍しくなるため、

 

そういう子が伸びることはまずあり得ない。

 

今日はしっかりと勉強できなかったという日があってもいい。

 

自分の弱さに負けたのは仕方ない。

 

でも2日連続で負けないことが大切。

 

負けることに慣れるのが一番危険なのだ。

 

負けに慣れてしまった人とか組織は、

 

そこから脱出するのにも相当なエネルギーが必要だ。

 

常に自分を管理することが大切だ。

 

あなたは負け慣れていないだろうか。

コメントを残す

前の記事

ドミノ

次の記事

入試イベント