戦国武将の毛利元就は、

 

一年の計は春にあり、

 

一月の計は朔(ついたち)にあり、

 

一日の計は鶏鳴にあり

 

と語ったと言われている。

 

春は年初め、朔は月初め、鶏鳴は一番鶏の鳴く早朝のこと。

 

したがって、

 

1年の計画は年の初めに、

 

ひと月の計画は月初めに、

 

今日の計画は朝に、立てなさい」という意味になる。

 

そして、その計画に対しての責任を持つということが大切だ。

 

立てっぱなしではなく、やりきるのだ。

 

 

夏期講習が始まって数日経過している。

 

予定通り、計画通り進んでいるだろうか。

 

 

実行できない人はたいてい

 

言い訳や愚痴を言う。

 

でも、言い訳や愚痴は、自分の器を小さくするだけだ。

 

言い訳や愚痴なんか言っても、なにもよくなることはない。

 

言い訳や愚痴を言う暇があったら、

 

一問でも問題を解いたほうがいい。

 

まずは行動だ。

 

変化を起こせ。

 

そして、自分を変えよう。

 

 

 

 

 

さて、話題は変わってスイカの話。

 

おいしいスイカはイナズマ模様だって。

https://news.line.me/issue/oa-weathernews/6j8qcwb5xys5?utm_source=Facebook&utm_medium=share&utm_campaign=none&fbclid=IwAR2tWNivbUB4FmjmM_KslimyBqkAg5zdc5WdwWnzY-sZDVd1V3f2jtNqRpE

コメントを残す

前の記事

始める、続ける

次の記事

勇気と同調