聴くチカラ

話があまり上手でない人は「聞き上手」を目指せばよいと、

 

あるアナウンサーは言う。

 

聴く姿勢を持てば、話の中身が豊かになり、

 

相手は自然と引き込まれていくというのだ。

 

具体的なアドバイスが三つある。

 

(1)相づちに一言添える。「なるほど」と言った後に、

 

「そうだったんだ」「面白いね」などと加えてみる

 

(2)相手の気持ちを確認する。

 

例えば、「人生の転換点でした」という相手に、

 

「人生の、ですか?」と確認する

 

(3)せっかちにならず、5秒我慢する。

 

相手が「話の腰を折られた」と思ったら、

 

そこで会話は終わってしまうという。

 

「話し下手だから」と、臆する必要はない。

 

謙虚に話を聞こう。学び取ろう、

 

という気持ちがあれば、自ずと対話は弾むものだ。

 

以上のことは全て、

 

私自身に対するアドバイスだ。

 

面談の時期だが、

 

一方的な話をせずに、

 

対話を心がけていきたい。

 

 

 

 

 

 

話は変わって、犬の話。

 

「危険な食べ物なのか!?」

 

Gifvif GIF

前の記事

対話

次の記事

あいさつ