立女形

歌舞伎俳優の坂東玉三郎さんは

 

当代一の女形だ。

 

流麗な舞は海外からも高い評価を得ている。

 

しかし坂東さんが若い頃は、

 

舞台に立つと笑い声が起きた。

 

身長173センチと、女形としては背が高過ぎたためだ。

 

悩みつつ、長身だった過去の女形の写真を見て研究を重ねた。

 

着物の内で膝を折り、低く見せることを思いつく。

 

体への負担は大きかったが一心に稽古に打ち込み、

 

低い姿勢で踊れるようになった。

 

後に彼は「人間国宝」に認定された。

 

女形には不向きな体形だからこそ、

 

芸が深まり、洗練されたともいえる。

 

一流の域まで実力を高めた人は、

 

華やかな舞台の裏で人一倍の努力を忘れないものだ。

 

陰の努力の中でこそ、人間の底力が培われる。

 

地道な一歩は栄光への一歩だ。

 

 

 

さて、話は変わって塾の様子。

 

7月半ばに定期テストが実施される中学校は、テストが迫ってきている。

 

昨日も本日もテスト勉強会を実施している。

 

期間の割には全体的にテスト範囲は広いと思う。

 

一度だけの定期テストなので、

 

失敗は許されない。

 

やってやりすぎることはない。

 

 

 

 

前の記事

励ましの達人

次の記事

詩心