発熱

発熱で一日寝ていたのはいつ以来だろうか。

 

塾の仕事は体が資本。

 

だれかが代わってできる仕事ではない。

 

だから体調管理には特に気を付けている。

 

しかし、今回は違った。

 

ワクチンを打つ前から発熱が予想できていた。

 

授業を事前に振り替えていた。

 

そして案の定発熱した。

 

数時間ごとに起きて

 

氷枕をとりかえたり服を着替える。

 

夜になってふと気づいた。

 

このブログを書いていないことに。

 

大した内容を書いているわけではないが

 

それなりに手間がかかるのだ。

 

今日はいいかな・・・・・

 

そう思ったとたんに

 

書きたくなってきた。

 

今日は特に何を書くわけでもないのだが、

 

とりあえず書いておこう。

 

何だか気持ち悪いな。

 

習慣とはこのようなものだろう。

 

やらなければ違和感を感じる。

 

そういう意味では

 

小中学生の塾生の学習も習慣にしなければいけないと思いながら

 

もう少し寝ようかなと思う。

 

少し熱っぽさが残っている。

 

あと少しで全快だ。

コメントを残す

前の記事

変わること

次の記事

秋の空気