暗闇

完全に光を遮断した暗闇の中で、

 

風の音を聴き、

 

床の感触を感じ、

 

コーヒーやお酒の味や香りを楽しむ。

 

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」(闇の中の対話)

 

という体験企画がある。

 

1988年にドイツの哲学者、アンドレアス・ハイネッケ博士によって考案された。

 

ヨーロッパを中心に反響を呼び、

 

今夏、ダイバーシティを体感できる

 

日本初の体験型常設施設ダイアログ・ミュージアム

 

「対話の森」がオープンした。

 

 

参加者は視覚障害者の手助けのもと、

 

暗闇の中でさまざまな体験をする。

 

そこでは、視覚障害者と健常者の立場が

 

完全に入れ替わる。

 

手を差し伸べる側から、差し伸べられる側へ。

 

その立場の逆転が、心に巣くう差別などの

 

“壁”を壊すことにつながるという。

 

 

意見、識見、偏見……「見」は、

 

そのまま「考え方」との意味で使われる。

 

それほど「目」が人の心に及ぼす影響は大きい。

 

 

 

自分の目で見たことが絶対で、

 

その状況が変わり得ること、異なる考え方があり得ることを

 

知ろうとしない人がいる。

 

 

 

ちょっと立ち止まり、

 

相手の立場になって考える。

 

自分と異なるものに興味を持ち、

 

自分にないものを持つ人を尊敬する。

 

ここから、人権社会の開拓は始まる。

 

 

https://mainichi.doda.jp/article/2019/02/23/1398.html

 

https://taiwanomori.dialogue.or.jp/

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって埼玉県の公立高校入試情報。

 

今年はコロナ禍の中での入試になる。

 

もし2/26の入試日に感染していたら、

 

当然受検できない。

 

追検査が3/1に実施されるが、

 

このわずかな期間では回復できないだろうと

 

特例の追検査を3月中旬に実施するとのこと。

 

もちろん今年限定だ。

https://www.saitama-np.co.jp/news/2020/12/05/08_.html

 

 

 

前の記事

表裏一体

次の記事

登山