授業を受ける

よく「授業を受ける」といいます。

授ける、授かる という意味の「授」という言葉、

 

よくみると「てへん+受ける」という組み合わせになっています。

 

手を使って(意識的に、積極的に)

 

受け止める姿勢こそが「授業」なのでしょう。

 

しかしおうおうにして、

 

右側の「受ける」だけが大きい人がいます。

 

 

受け身で、ただぼんやりと聞いているだけ。

 

これでは「授業」ではなく「受業」になります。

 

一期一会の気持ちで、集中する。

 

そうすれば、自ずと目は素早く動き、耳は先生の声をききのがしまいとし、

 

手はノートに書き写すのに使われます。

 

 

 

 

ライブの授業でも

 

オンラインの授業でも同じです。

 

集中して、手を使って、しっかりと

 

授業を受ければ、どんな形態であろうと

 

伸びないわけがありませんね。

前の記事

カマス

次の記事

敵を味方に