カマス

みなさんは「カマス」をご存じですか。

 

英語名の「バラクーダ」でも知られており、

 

干物とか塩焼き、から揚げにすると美味な魚です。

 

中でも「オニカマス」というのは180cmにもなり、

 

水中で人が襲われたという記録もあります。

 

 

そのカマスを使った実験があります。

 

まず、大きな水槽を透明な板で仕切って、

 

一方にはおなかを空かせたカマスの群れ、

 

もう一方にはえさとなる小魚を放します。

 

するとカマスたちはえさを食べようと、

 

何度も何度も板に体当たりをはじめます。

 

頭からぶつかって傷ついたりもしますが、

 

ついにはあきらめておとなしくなってしまいます。

 

 

次に、水槽の中の透明な板をとってみます。

 

自由にえさを食べはじめると思いきや、

 

カマスたちはいっこうにえさを食べません。

 

目の前を小魚が泳いでもまったく反応せず、

 

最後にはそのまま餓死してしまうそうです。

 

同じ実験を何度やってみても、

 

同じ結果になるそうです。

 

 

さて、このかわいそうなカマスたちに

 

えさを食べさせる方法があるのですが、

 

わかりますか。

 

 

 

 

正解は

 

「別のカマスを一匹水槽に入れる”」いう方法です。

 

たったそれだけのこと、

 

と思うかもしれませんが、

 

何も知らない新入りカマスが

 

喜んでえさを食べている様子を見て、

 

あきらめカマスたちもえさを食べ始めるそうです。

 

 

みなさんも毎日の勉強やスポーツの中で、

 

思い通りにならなかったり、

 

何度やってもうまくいかなかったりすることもあるでしょう。

 

そんなとき、

 

「できない」という“思い込み”こそが

 

カマスの実験の“透明な板”なのです。

 

本当は目の前にそんな板なんか無いのです。

 

あきらめずに目の前の問題に飛びつく勇気が大切なのです。

 

 

苦しいとき、迷ったときは、

 

みなさんの周りで一生懸命勉強とか練習に

 

はげんでいる友だちをみて

 

まねをしてみることも大事です。

 

新たな気持ちで取り組めば、

 

新しい道が見えてくるはずです。

 

そして次は、皆さん自身が周りの友だちに

 

勇気を与える存在になってもらいたいと思います。

 

辻本塾の塾生は、

 

一人ひとりが

 

仲間に勇気を与える存在になってほしいと思います。

 

今日のオンライン授業でも、

 

しっかりと声を出して答えることができていたように

 

遠慮なく

 

どんどん声を出していこう。

 

それをすると実は自分が一番得をしますから。

 

 

 

前の記事

歩みつづけること

次の記事

授業を受ける