指南

武芸や技芸を教え示すことを「指南」するという。

 

「指南」は「歯車の仕掛けによって、

 

上に備えられた人形の指が南に向くように作られた指南車」

 

に由来している。

 

これが時代とともに改良されて羅針盤が生まれ、大航海時代が始まった。

 

 

さて、中国の史書には、皇帝が戦闘にあたって

 

「指南車」をつくらせたことが記されている。

 

リヤカーのような車の荷台に、柱を立て、

 

老人の像が取りつけられた。

 

車が向きを変えても、像の手は、

 

つねに同じ方角を指し示す仕組みになっている。

 

この指南車により、皇帝は霧の中でも迷うことなく、戦いに勝利した。

 

実際、白兵戦になれば、右に跳んだり、左に体をかわしたり。

 

だが、指南車の像が示す手の先へと進めば、全軍からはぐれず、目的地に達することができる。

 

三国志の時代にも使われたという。

 

 

人生にあっても同じであろう。受験にしても勝利のゴールへ進むには、何が必要か。

 

日々の日常はともすれば、ずっと続いていくものだと錯覚してしまいがちだ。

 

しかし、必ず終わりがやってくる。

 

終わりが近づいたことが分かった時に行動しても、時すでに遅しだ。

 

 

 

 

定期テストが終わった中学校がある。

 

完璧な成績だった人はいないだろう。

 

何かしら反省もあるだろう。

 

いま動かなければ機を逃してしまうことになるだろう。

 

楽な方に流されてしまうと、次のテストで痛い目を見るのは間違いない。

 

 

もちろん、私たちの歩みには、雨の日も風の日もある。

 

だが、人生の「羅針盤」を確認し、

 

賢明に進む限り、迷うことはない。

 

さあ、歩もう。

前の記事

もう少し、あと少し

次の記事