成績が伸びるタイプ

中3の授業で、アドバイスをしました。

 

「音読」の効果について。

 

詳細は以下のサイトにも出ているので興味があれば見てください。

https://benesse.jp/kyouiku/202107/20210706-1.html

 

早速、音読した音声データを送信してきた生徒がいました。

 

まだ2日間分にすぎません。

 

しかし、雨だれ石を穿つがごとく、

 

継続すれば、大きな力となるでしょう。

 

何よりもアドバイスを即実行することが素晴らしいです。

 

話(授業)を集中して聞いたとしても、

 

素直に受け取る気持ちがないと意味がありません。

 

「こんなこと勉強しても無駄だ」

 

「こんなこと分かるはずがない」

 

「こんなこと分かっている」

 

(間違いを指摘されて)「自分が間違っているはずがない」

 

そんな気持ちは捨て去ってください。

 

勉強して無駄なことはありませんから。

 

すぐに分からなくとも、じっくり何度も考えれば分かりますから。

 

分かっていることでも本当に理解しているか確認が必要ですから。

 

間違いは恥ずかしいことではありませんから。

 

「学ぶ」の原語は「まねぶ」。

 

「まねをする」ということです。

 

教えてもらったことの「まねをする」。

 

素直に素直に「まねをする」。

 

「学ぶ」ことに独創性や批判精神は必要とされていません。

 

もちろん、高校生ぐらいになれば、

 

批判的なものの見方も必要でしょう。

 

しかし、基礎的な知識や考え方が身に付いていれば、

 

そんなものは自然に生まれ出てくるものです。

 

少なくとも、勉強に対しては、

 

素直に謙虚にあって欲しいと思います。

 

学ぶことに対する素直さを持ちましょう。

コメントを残す

前の記事

先のことを考えよう

次の記事

学校説明会