心の隙

松下電器産業(現・パナソニック)には、

 

製品の出来を調べる「検査本部」があった。

 

ある時期、

 

不良品の発生率が高まったため、

 

創業者の松下幸之助氏が、

 

検査本部の責任者に説明を求めた。

 

 

 

それによると、

 

2年前までは完成品をテストしていたが、

 

生産体制を整えてからだと

 

損害が大きくなってしまうなどの理由で、

 

設計・試作の段階での検査に切り替えた。

 

これを聞いた氏は言う。

 

「その方法が不良品を生む原因になっている」と。

 

 

 

本来、

 

各分野を担当する事業部が

 

最後まで責任を持って

 

「命がけ」で物づくりをしなければならない。

 

しかし、

 

途中で検査本部が「お墨付き」を与えることで

 

油断が生じる。

 

それが不良品発生の原因であると諭したのである。

 

 

 

 

 

これは学習においてもまったく同じ。

 

誰かに頼りっきりでは

 

いつまでもミスはなくならない。

 

自分のアタマで考えることが大切だ。

 

なぜ間違えたのか

 

なぜミスをするのかと。

 

 

 

人を頼ると、

 

知らないうちに“心の隙”が生まれてしまう。

 

逆に、

 

自分が全ての責任を持つと腹を決めれば、

 

新たな視野が開け、

 

思ってもみなかったような力が湧いてくるものだ。

 

そんな気持ちで

 

学習に取り組んでいきたい。

コメントを残す

前の記事

ゴールの先

次の記事

New!!