近所の公園で親子が自転車の練習をしていた。

 

後ろで自転車を支えつつ駆けだす親。

 

子の顔がゆがむたび、

 

すかさず声を掛け、

 

励ましている。

 

どちらも、真剣そのもの。

 

ほほ笑ましい光景に、

 

子どもの頃の記憶がよみがえった。

 

 

 

自転車の練習は失敗の連続だった。

 

恐怖感が募り、何度も諦めかけた。

 

そんな自分に、父親は粘り強く付き合ってくれた。

 

終始、繰り返していたのは「大丈夫。絶対できるよ」との言葉。

 

あの励ましと、

 

初めて自転車に乗れた時の喜びが、

 

今も心の奥深くで自分を支えてくれている気がする。

 

 

 

 

子どもは、初めから自分に自信を持っているわけではない。

 

自信は、自分を認め、

 

信じ、励まし続けてくれる他者との関わりによって、

 

時間をかけて育まれるものなのだ。

 

 

 

 

 

あの自転車だって

 

乗れるようになったように、

 

この問題だって

 

解けるようにならないわけがない。

 

大事なのは

 

できるまで

 

やり続けること。

コメントを残す

前の記事

心の隙

次の記事

迅速果敢New!!