嵐とリンゴ

嵐が近づいてくる。

 

リンゴ園を営む青年は、

 

気が気でなかった。

 

暴風雨が吹き募る。

 

丹精こめて育てたリンゴが、

 

相次ぎ吹き落とされていく……。

 

胸が張り裂けそうになった。

 

 

 

 

やがて、青年は気が付く。

 

同じ木になっているリンゴでも、

 

わけなく落ちるリンゴと、

 

なかなか落ちないリンゴがある。

 

彼は、はっとした。

 

台風は毎年来る。

 

それを覚悟せずにリンゴ園を経営するのは、

 

天に甘えているに等しい。

 

嵐が吹いても、落ちないリンゴを作ろう!

 

 

 

 

青年は新たな意欲で、営農に取り組む。

 

吹き落とされたリンゴは“被害”と思わず、

 

逆に天の特別の“たまもの”と感ずるようになった。

 

落ちたリンゴはジャム工場に売り、

 

その収益は社会のために使っている。

 

 

 

 

 

東北の一青年のそんなエピソードを紹介しながら、

 

作家の下村湖人は書いている。

 

「非運に処する最上の道は、

 

なんといっても、

 

非運の中に天意を見いだして

 

それに感謝することでなければなりません」

 

 

 

 

 

勉強でもスポーツでもなんだって気持ち一つで真逆の方向へ向かう。

 

ピンチはチャンス、だからピンチに感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

前の記事

岩破れの松New!!