変毒為薬

人気力士に会わせてあげる、

 

と相撲関係者から誘われた男子中学生が、

 

実際に連れていかれたのは行司の控室だった。

 

「行司にならないか」との勧誘に、

 

将来の夢は警察官と決めていた少年は、

 

きっぱりと断った。

 

ところが先方は

 

「この子は、芯がしっかりしている。合格」

 

と採用を決定。

 

相撲好きの両親にも押され、

 

行司の道へ。

 

後の36代木村庄之助の話である

 

 

 

 

当の本人は

 

「こんなことになるとは」と思ったに違いない。

 

だが、人生は、その連続ともいえる。

 

ただ同じ「こんなことになるとは」という言葉でも、

 

悲劇の結末の嘆きか、

 

試練の壁を破った歓喜かで、

 

意味は正反対になる。

 

後者でありたいものだ。

 

わが身に起こった全てを意味あるものに転じる

 

「変毒為薬」のキモチで

 

新年度を始めよう。