地球を眺める

最近、「13歳からの地政学」という本を読んだ。

 

13歳ということは中学生以上を対象にしている本だ。

 

しかし、小学生にも、高校生にも、大学生にも役に立つことが書かれている。

 

地政学というのは、地理と政治を合わせた言葉で、

 

政治的な現象とそれが生じた地理的条件との関係を研究する学問のことだ。

 

 

 

 

 

その本に出てくる「ディプロマット」という地球儀がある。

 

ホワイトハウスにも置かれているという立派な地球儀だ。

 

地理の授業でも

 

地球を日本を中心にした地図で学習する。

 

でも、その地球儀で眺めてみると、

 

見え方は全然違う。

 

どの場所から眺めるかによって

 

まったく違う見え方になることもある。

 

良い本だったので

 

何度か読んでみた。

 

そうすると、

 

この本に登場してくるディプロマットが無性に欲しくなった。

 

調べてみると・・・・・

 

ディプロマット 英語版

198万円!

 

立派な地球儀であることは分かるけれど

 

この値段ではとてもじゃないけれどムリだ。

 

いろいろ調べてみて、いい地球儀をみつけた。

ほぼ日のアースボール ジャーニー

 

https://earthball.1101.com/top.html

 

昨日が発売日だったので

 

発売日に入手。

 

ディプロマットよりはだいぶ安いけれど

 

それでも1万円は高い。

 

だから、元を取るくらい使おうと思う。

テレビの近くにおいて、ニュースを見るときには

 

手に取って確認しようと思う。

 

スマホやタブレットを使ったAR地球儀でもあるので

 

そっちも楽しんでみようと思う。

コメントを残す

前の記事

次の記事

読書しようよ