和敬清寂

「和敬清寂」

 

茶道の言葉だ。

 

お茶を広めたことで有名な千利休が、

 

みんなにわかりやすいように

 

茶道の心得を説いた文言である。

 

 

「和」は、お互いに心を開いて仲良くなるということ。

「敬」は、お互いに敬いあうこと。

「清」は、目に見えるものだけでなく、こころも清らかであるということ。

「寂」は、どんな時にも動じない心。

 

 

茶道だけでなく、

 

日常の人づきあいにも大切なことばかりだと思う。

 

特に「敬」は重要だと思う。

本当に仲良くなるために、

 

一番大切な段階はこの「敬」にあると思う。

 

敬うという行為って難しい。

 

表面上ではわからない。

 

でも仲のいいふりをして

 

マウントをすぐ取りたがる人だってたくさんいる。

 

吉川英治の言葉に

 

「我以外皆我師(われいがいみなわがし)」

 

というものがある。

 

これぐらい謙虚にいきたいものだ。

 

 

 

「和敬清寂」

 

いかがでしょうか、

 

新しいスタートに

 

ひとつ実践してみてはいかがでしょうか。

前の記事

ありがとう

次の記事

孔子