司法試験

昨日は司法試験の合格発表だった。

 

小中学生にはまだ先の試験だけど

 

最近は以前とすこし事情も変わってきているので

 

今日はそのことにも触れておきたいと思う。

 

 

 

裁判官、検察官、弁護士の法曹三者になるためには

 

司法試験に合格しなければいけない。

 

 

 

司法試験に合格するためには

 

大きく分けて2つのルートがある。

 

1つは大学卒業後に法科大学院に進学すること。

 

法学部卒業者は2年、未習者は3年通った後、受験する。

 

もう一つは、予備試験コース。

 

法科大学院に進学しなくても、司法試験受験資格を得られる。

 

法科大学院は経済的・時間的コストが大きいため、

 

経済的・時間的コストを大幅にカットして法律家になることが可能だ。

 

これらの2つのルートではどちらを選んだらよいだろうか。

 

その答えは人それぞれだが、

 

今年度の合格者の内訳を表している下の表を見て

 

それぞれがどうするべきか考えるといいだろう。

 

2021年司法試験の合格者数は、

 

「予備試験合格者」が374人で最多となっている。

 

一方、合格者を出せなかった法科大学院は19校あり、

 

このうち6校は受験者がいなかった。

 

合格者数を受験者数で割った合格率は、

 

「予備試験合格者」が93.50%で最高となり、

 

「愛知大法科大学院」66.67%、

 

「京都大法科大学院」61.62%、

 

「一橋大法科大学院」58.18%、

 

「慶應義塾大法科大学院」55.07%が続いた。

 

 

「予備試験合格者」374人を職業別にみると、

 

「大学生」が153人ともっとも多く、

 

「法科大学院生」105人、

 

「無職」44人、

 

「会社員」31人、

 

「公務員」18人等が続いた。

 

また、最終学歴別にみると、

 

「大学在学中」が155人ともっとも多く、

 

「法科大学院在学中」105人、

 

「大学卒業」61人等が続いた。

 

 

そして、なんと・・・・・・

 

高校在学中の合格が1名!

 

早慶の付属高校には少数ではあるが

 

高校在学中に司法試験予備校に通う生徒がいる。

 

司法試験の受験勉強は早く始めた方がいいに決まっている。

 

低年齢化がどんどん進み、

 

高校生も司法試験に合格する時代がやってきた。

 

法科大学院ができる前の制度では、

 

合格者の平均年齢が30歳を超えていた時代もあった。

 

時代が変わってきている。

 

高校在学中に司法試験に合格して、

 

大学では法律とは違う学問を学ぶこともできる。

 

留学だって行ける。

 

別の資格を取得することもできる。

 

そうすることで唯一無二のスペシャリストになれる。

 

 

 

 

 

 

合格者数も増え、合格もしやすくなった司法試験に限ったことではないが、

 

合格しただけではあまり価値がない。

 

弁護士の平均収入も以前ほどは高くない。

 

人数が増え、選ばれる人とそうでない人の格差が大きくなったのだ。

 

だからこそ、合格後も自身を磨き続けなければいけないのだ。

 

 

 

 

 

ふつうの進学校の高校生は大学受験だけでも大変だ。

 

だから司法試験の予備試験どころではない。

 

でも、大学付属校ならばがんばれば余裕を作ることもできる。

 

高校生向けの司法試験の参考書も出版されるそうだ。

 

何年かすると高校生の合格者が少しずつ増えていくのだろう。

 

小中学生はこういった現状を知っておいた方がいい。

 

塾生たちにも話しておこう。

コメントを残す

前の記事

先輩

次の記事

二百十日