前進を阻む壁

私の母は膝が悪く、

 

杖を使って歩行している。

 

医者に診てもらったところ、

 

「これ以上悪くならないくらい

 

悪い状態だ。よく我慢できているな。」

 

と言われた。

 

意を決して、

 

人口膝関節の手術を受けた。

 

手術が終わり、現在はリハビリのために入院中だ。

 

手術直後のリハビリ次第で、

 

今後の可動域が決まると言われている。

 

痛みは残るのだが、

 

しっかりとリハビリをしなければいけないのだ。

 

ここを怠ってしまい、

 

しっかりリハビリをした人と

 

術後の動き方に大きな違いが出る人もいるらしい。

 

母は、医者からもよくやっていると言われているそうだ。

 

今回のことは

 

偶然、名医を紹介してもらえたことがきっかけだ。

 

この出会いがなければ、

 

手術はしていなかっただろう。

 

リハビリがひと段落したら、旅行にもいきたいようだ。

 

杖なしで、

 

山道も歩けるようになると願う。

 

 

 

中国の白楽天は詠んだ。

 

「行路難/水に在らず/山に在らず/只だ人情反覆の間に在り」

 

前進を阻む壁は、

 

険しい山河の環境ではなく、

 

自身の逡巡する心。

 

また、大事なことを教えてもらった。

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって

 

コロナ禍における入試の話。

 

入試と言っても、

 

今月末に行われる

 

司法修習生考試のこと。

 

司法試験合格者は司法修習所で

 

鍛えてから法曹となる。

 

その司法修習生の試験が行われる。

 

注目したいのは、

 

試験の運営だ。

 

コロナ禍の中、

 

どのように運営されるのか、

 

ということだ。

 

 

①時差入退場が行われるとのこと。

 

家を出る時間は試験時間よりもだいぶ早めになることだろう。

 

②送迎バスの利用は不可。

 

これも可能性を考えておく必要がある。

 

徒歩の場合のルートであるとか、時間であるとか。

 

行きはタクシーもありかもしれない。

 

 

③換気。

 

当然のことだが、換気を定期的に行うと、

 

冷気が容赦なく流入することになる。

 

それを見越した、

 

受験会場内での寒さ対策が必要となってくる。

 

確認が必要になるかもしれないが、

 

ひざ掛けなども持参できるならばした方がいいと思う。

 

いずれにせよ、上記のことなど

 

試験当日は、例年とは大きく異なってくるだろう。

 

今回の受験生は注意が必要だ。

前の記事

あきらめない

次の記事

大将の罪