大将の罪

知勇兼備の武将として、

 

戦国の世に名をはせた立花道雪。

 

九州の大名・大友家に仕えた。

 

武勇たくましいだけでなく、

 

士卒に対する態度は

 

親が子に接するがごとくであった。

 

道雪は常々、言っていた。

 

「士に弱い者はいない。

 

もし弱い者がいたら、それは大将の罪である。

 

もし他家に仕えて遅れている士がいたら、

 

当家に仕えよ。

 

必ずや勇士に鍛え上げてみせよう」と。

 

 

群雄割拠の世。

 

国を守る精兵をいかに育成するか。

 

そのために道雪は臣下を励ました。

 

その激励は、安っぽい同情などではない。

 

一人の士を立派に育ててみせるとの熱情にあふれていた。

 

 

 

一人ひとりを立派な人材に。

 

私も、立花道雪のような指導者になりたい。

 

 

 

 

 

さて、話は変わって面白いGIFの紹介。

 

大宮高校では

 

「寝るなら立て!」という言葉があるそうだ。

 

立ちながら、ロッカーの上などで学習したりするらしい。

 

でも、本当に眠い時は、

 

立ったままで寝てしまう?

 

Tired Cat GIF

 

 

前の記事

前進を阻む壁

次の記事

こころ