傷のついたリンゴ

評論家の外山滋比古氏がリンゴの産地を訪れた。

 

リンゴを買い求めた時、

 

外山氏は、あえて傷のついたリンゴを選んだ。

 

すると、店員から「お客さん、通だね」と声を掛けられた。

 

なぜ外山氏は通を言われたのか分かりますか。

 

 

 

傷のあるリンゴは修復しようと、糖分を多く出すので、

 

かえって甘さが増すという。

 

それを知っていて甘いリンゴを選んだ外山氏を

 

店員が通だといったのだ。

 

 

 

リンゴだけでなく、

 

人間にも同じことが言えるのではないだろうか。

 

傷つき、苦労したほど人間としての味というか深みが出る。

 

 

 

 

受験シーズンも大詰づめとなった。

 

思うような結果が出ず、不安に心揺れる人もいるだろう。

 

だが、努力を重ねた事実は決して消えない。

 

不安に押しつぶされそうな中、懸命に前に進む日々こそが

 

振り返ってみたときには宝物だと気づくはず。

 

『自分は自分なりに、できることをやり切った』と言える戦いをすればいい。

 

春を目指す受験生たちに心からエールを送りたい。

 

 

 

 

話題は変わって、入試問題の話。

 

問題の前置きが気になることがよくある。

 

これなんかは典型的な「意味あるの」って思う前置きだ。

 

食品の画像のようです

2021年ラ・サール中学校社会より。

 

 

 

写真の説明はありません。

太郎さんと花子さんに一言。別の話題でもいいと思う。

 

前の記事

覚悟

次の記事

over the trouble