今でしょ

「明日から本気を出す」

 

そんな口癖のある生徒に時々出会います。

 

先生の話を聞いて目が覚めました、

 

明日から気持ちを切り替えて頑張ります、と言ったりします。

 

もちろん、がんばろうという姿勢は立派です。

 

投げ出しているわけではありませんね。

 

やるべきことをきちんとやろうとしているのは間違いありません。

 

しかし「明日から本気を出す」と言う人には、

 

定番のおちが待っています。

 

明日になっても、本気を出さないのです。

 

延期できるよう、上手に言い訳をします。

 

ほかの用事ができた

 

部屋が汚い

 

体調がよくない

 

やる気を出したことを忘れてしまった

 

天気が悪い

 

叱られた

 

ケンカした

 

などなど。

そして再び「明日から本気を出す」と同じことを言い始めます。

 

これが何度も繰り返され、いつまでも着手しません。

 

結局のところ「後回しにする癖」です。

 

癖なので、何度でも繰り返します。

 

半分無意識に行われているので、責任感も罪悪感もなく、本人は平然としています。

 

いつか大きなトラブルがあったときに本当の後悔をするのでしょう。

 

 

 

昨日の新中3の英語の授業。

 

2年生のときに覚えた不規則動詞は60個でした。

 

3年生の学習初日の先週の授業で、

 

新しい不規則動詞80個のリストを配りました。

 

昨年よりも20個多いリスト。

 

1週間後までに覚えるようにと指示しておきました。

 

そして、1週間経過後の昨日テストをしてみました。

 

結果、満点はわずか4名のみ。

 

惜しかった人もいたのですが、

 

1週間あると思って、先延ばしにしていた人もいるのではないでしょうか。

 

 

 

 

もしも、いろいろな「先延ばし」に思い当たる人がいれば、

 

今日から意識を変えましょう。

 

「明日から本気を出す」と考えるのではありません。

 

「今すぐ本気を出す」と考えるのです。

 

せっかくやる気が出たなら、今から行動を始めたほうがいい。

 

何かを決意したら、その瞬間がベストタイミングです。即行動に移しましょう。

 

余計な先延ばしはせず、逆にできるだけ前倒しで対応しましょう。

 

わざわざ日付が変わるまで待つ必要はありません。

 

今すぐ始めるのが一番です。

 

まとまった時間がなくてもいい。

 

とりあえずはじめましょう。

 

学習をしていると、だんだんやる気が出てきます。

 

学習するスピードを上げるより、始めるスピードを上げることです。

 

早く学習を始めたぶんだけ、早く完了します。

 

さっさと終わらせて、さらに次の学習を始めるのです。

 

本気を出すなら、常に今です。

 

「今すぐ本気を出す」と言う人に、

 

合格の女神は微笑むのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

タッチの差

次の記事

予習と復習