上達法

「どうすれば楽器の演奏が上達するでしょうか」。

あるオーケストラの指揮者が質問をされた。

 

徹底した基礎練習の反復か、

 

音楽に関する思想を深めることか

 

畳みかけた質問者の言葉に、

 

彼は「それもありますが」

 

としつつ一言、

 

「上手な人と一緒に演奏するのが一番です」

 

 

 

一人では難しい部分も、

 

上手な人の“響き”につられ、

 

いつの間にか演奏できるように

 

なってしまうという。

 

だから、

 

恥ずかしがらない人こそ

 

劇的に伸びる、と。

 

 

 

 

ある研究者は、

 

かみしめるように語っていた。

 

「学者として徹底した思索は欠かせませんが、

 

独りで考えているだけだと、

 

堂々巡りになる時がある。

 

そうした自身の“発想の壁”を突破するには、

 

良い聞き手との『対話』に勝るものはありません」。

 

 

 

 

人間は、人間との触発の中でこそ、

 

大いなる飛躍を遂げることができる。

 

逆に心を閉ざしてしまえば成長は望めまい。

 

いかに良き出会いを得て、

 

良き関わりを育むことができるか。

 

それが充実と学力向上につながる

 

 

辻本塾で、共に前進しよう!

前の記事

呉下の阿蒙

次の記事

ココロに太陽を