三日

ゴールデンウィークは仕事のことや家のことなど

 

今までやれていなかったことに着手したいと考えていた。

 

しかし、思っていたよりも進みが遅い。

 

3日ってこんなものなのかと感じていた時に

 

ふと、吉川英治氏の 『新書太閤記』 に描かれた

 

若き豊臣秀吉の“三日普請”の故事を思い出した。

 

 

織田信長の清洲城の壁が、暴風雨で100間以上も崩れた時のこと。

 

修復工事がノロノロと進まない。それを憂いた秀吉が、

 

「三日もあれば」と普請奉行を請い請けた。

 

しかし、前任奉行が邪魔立てし、老獪な棟梁らも怠けてばかり。

 

 

秀吉は訴えた。

 

国の興亡は、実はお城にあるわけじゃない (中略)

 

お前らの中にあるのだ。」。

 

自身も一職人となって泥仕事。

 

総力戦の突貫工事で、約束通り、わずか三日で修復した。

 

心の片隅のどこかに、他人を当てにする心があれば、物事は停滞してしまう。

 

逆に、自分がすべての源泉だとの自覚があれば、劇的に道は開かれる。

 

小さな一念の差が、大きな勝敗を決する。

 

 

 

休日の時間の使いかたでも学習でも受験でも同じだ。

 

自分が動かなければ物事は進まないし、成功もしない。

 

他人や残された時間を当てにしたりして、甘く考えていると

 

うまくいかないことは当然だろう。

 

 

 

よし、やりたかったことはすべて今日中に片づけてしまおう。

 

あの時の秀吉のように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

捨てること

次の記事

先生