ロダンの父

傑作「考える人」を生んだ彫刻家ロダン。

 

天才と称される彼だが、青年期は挫折の連続だった。

 

彫刻家を目指すも、

 

国立美術学校の試験に3度失敗。

 

進むべき道を見失う彼に、

 

父からの手紙が届く。

 

 

「自分自身にこう言って聞かせるのだ」

 

「わたしには天賦の才能があり、成功を収めたいと願っている、と」

 

ロダンは迷いを捨て、装飾美術の職に就くなど下積みで実力を磨いた。

 

彼にとって父の手紙は大きな転機となったに違いない。

 

 

一通の手紙、一行のメール、一言の声掛け……発せられた言葉の滴に、

 

海のように深い相手の真心を感じる時、

 

人は無限の勇気を得て、立ち上がることができる。

 

 

現在、中学生の生徒面談を実施中。

 

面談をするときには、

 

一言でやる気にさせる「魔法のことば」があればいいのにと思うのだが、

 

そんなものはない。

 

ロダンの父のように、

 

真心の激励をしていきたい。

 

 

 

 

さて、話は変わって、

 

6月30日に県教委から公立高校入試についての

 

出題範囲縮小の発表があった。

 

ただし、今回の発表は縮小するとだけであって、

 

具体的な範囲の縮小の中身の発表は今後になる。

 

調査書の部活動の扱いについては、

 

例まで示している。

 

恐らくは多くの学校がこの例を参考にするのだろう。

 

中学校1・2年生の部活動等の成果に重みを付けて評価する。

 3年間部活動に所属していたことを評価する。

 

リンク先の現物もぜひ確認してください。

 

 

学校選択問題実施校も発表されているのでご覧ください。

 

ココでの注目は、ズバリ市立川口高校が学校選択問題を採用したということ。

 

来春の併設中学の開校とリンクするのだろうけれども、

 

この地域の上位校入りに名乗りを上げたということ。

 

人気もある、学校も美しい、進学実績がともなえば、

 

うちのエリアの上位層がチャレンジする学校になるかもしれない。

 

人気校なのに募集人員が減っていたのは、中学開校の定員分を織り込むためかな。

 

倍率はさらに上がりそうだ。

前の記事

なわとび

次の記事

ジョブ・クラフティング