ノーベル賞

本日10月7日(月)から10月14日(月)の期間で

 

ノーベル賞受賞者発表がなされる。

 

ノーベル賞は

 

6つの分野で最高の一人が選ばれる

 

名実ともに世界一の賞。

 

過去の日本人の受賞は1949年の湯川秀樹博士から

 

昨年の本庶佑博士まで

 

合計26人。

 

今年注目の日本人は

 

医学・生理学賞の京都大学の森教授、

 

化学賞の京都大学北川教授、

 

経済学賞のプリンストン大学の清滝教授。

 

やはり京都大学が強い!

 

 

 

 

 

何かを発見したり、

 

発明したりする

 

ノーベル賞のような学問の世界とは異なり、

 

受験は

 

あらかじめ決められた範囲のことを

 

全てを頭に入れてたら、パーフェクトだ。

 

インプットして

 

アウトプットする。

 

 

インプットは

 

読んでみる

 

書いてみる

 

声に出してみる

 

などなど

 

 

 

アウトプットは

 

過去問や予想問題を丹念に潰していったりする。

 

 

 

アウトプットのおすすめはティーチング。

 

誰かに教えること。

 

理解できていないことは誰かに説明でいないし

 

誰かに説明することで

 

自分の理解が格段に深まる。

 

インプットやアウトプットは

 

工夫次第で

 

効果は全く違う。

 

 

 

さて

 

今週の発表では

 

どんなドラマを見ることができるのだろうか。

 

 

 

前の記事

海を見る

次の記事

少子化