海を見る

何度読んでもいい。

 

 

『時に、孤独を直視せよ。海原の前に一人立て。自分の夢が何であるか。

海に向かって問え。

青春とは、孤独を直視することなのだ。

直視の自由を得ることなのだ。

大学に行くということの豊潤さを、

自由の時に変えるのだ。

自己が管理する時間を、

ダイナミックに手中におさめよ。

流れに任せて、時間の空費にうつつを抜かすな。』

 

https://niiza.rikkyo.ac.jp/news/2011/03/8549/

前の記事

そうだ、京都行こう

次の記事

ノーベル賞