タボウ

重要かつ急ぎの仕事は、多忙な人に頼め、

 

ビジネスの世界ではよく言われる。

 

多事でも自身の時間管理ができる人は、

 

有能で仕事もできる。

 

 

一方、「忙しい」が口癖になっているだけの人は、

 

心の余裕がないようにも見えてしまう。

 

 

 

要職に就かれていて、多忙な方でも、

 

不思議なことに、できる人ほど反応が速い。

 

 

 

 

そんな人を何人か知っている。

 

共通していることは速いだけではない。

 

「多忙」ならぬ「多望」な方なのだ。

 

 

 

 

あの生徒を伸ばしてあげたい、

 

あの人の期待に応えてあげたい、

 

あの人の力になりたい、

 

などなど。

 

望みが多いほど、そして大きいほど、

 

大きな責任を果たせる自分に成長できる。

 

「多望」の人は、常に自分にかかわる人のことを忘れない。

 

「compassion」という英単語をご存じだろうか。

 

語源は、com=「共に」と、passion=「情熱」から成る。

 

意味は「慈悲」である。

 

「多望」の人とは、

 

情熱を分かち合える人、忘れない人でもある。

 

今年も進路指導の佳境に入る

 

私も多望な人でありたい。

前の記事

次の記事

勝負強さとは