ガーン

ショックな出来事を聞いたら、

 

何て言いますか?

 

「ガーン!」ではないでしょうか?

 

このような擬音語や擬態語などを

 

総称してオノマトペと呼びます。

 

この「ガーン」は

 

巨人の星というマンガで

 

初めて使われたものです。

 

つまり、原作者の梶原一騎氏が発明した

 

オノマトペということなのです。

 

私は巨人の星をテレビで見たことがありますので、

 

ガーンを理解しています。

 

でも今は巨人の星を見たこともない人のほうが

 

多いと思います。

 

だから、「ガーン」はだんだんと使われなくなっていくのかもしれませんね。

 

ちなみに静かな様子を表す

 

「シーン」は

 

手塚治虫氏がはじめてマンガで使用したようです。

 

日本語には、擬情語というのもありますね。

 

怒った時の擬情語「カチーン」はみなさんご存じですよね。

 

 

 

受験生のみなさん、

 

「ガーン」と思うようなことがあるかもしれません。

 

でも、最後まで自分を信じて、

 

奥底には情熱をめらめらと燃やしながらも、ココロの表面は波風立てずに

 

まさに瀬戸内海のような穏やかな気持ちで、過ごしていきましょう。

 

ガンバレ、受験生!

 

前の記事

まねぶ

次の記事

私塾の志