ガーデニング

人間の心は庭のようなもの

 

私のように集合住宅で暮らす人間には

 

この言葉があまりピンとこないのだが、

 

これはガーデニングの本場イギリスの思想家である

 

ジェームズ・アレンのものだ。

 

理想のガーデン(庭)・エクステリア・外構空間を探求する庭工房ラムジフ

 

庭は手入れを怠ると荒れてしまう。

 

庭だけではない。

 

学力も同じだ。

 

まずは習うこと。

 

その時にしっかりと理解し頭に入れておく。

 

しかし、頭に入ったはずの知識も

 

水やりや手入れを欠かしてしまうと

 

すぐに枯れてしまう。

 

つまり忘れてしまうのだ。

 

手入れというのは復習のこと。

 

一度やればよいというわけでなく、

 

定期的に欠かさずやり続けなければいけないのだ。

 

まさに「学力は庭のようなもの」ではないだろうか。

 

蒔かぬ種は生えぬという。

 

美しい花が咲き誇る春だからこそ

 

今、希望という名の種を蒔こう。

 

そして、手入れを怠らず、大事に育て

 

花を咲かせよう。

 

 

 

人の心も同じだ。

 

地道に耕し、花の種をまいて、

 

水やりをしたり、大切にすれば

 

美しい心がはぐくまれて

 

人生が豊かになる。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

新年度

次の記事

読書