インスパイア

The mediocre teacher tells.

 

The good teacher explains.

 

The superior teacher demonstrates.

 

The great teacher inspires.

 

平凡な先生は、ただ話す。

 

よい先生は、説明する。

 

すぐれた先生は、行動で示す。

 

そして、偉大な先生は心の火を灯してくれる。

 

 

 

これはアメリカの哲学者であり

 

教育者でもあったウィリアム・ウォードの言葉である。

 

inspire(インスパイア)は

 

ラテン語のspirare「息をする」が語源だ。

 

「内に」の接頭辞inをつけた(インスパイア)は心に刺激を吸い込むことだ。

 

「外に」の接頭辞exをつけたexpire(期限が切れる)は息を全部吐き出してそれ以上は息を吐けない状態のイメージだ。

 

スピリットspiritは息をしている、つまり生きている状態のイメージから命、精神という意味がある。

 

とても含蓄のあるよい言葉だ。

 

 

先生に限らず、

 

親だって

 

上司だって

 

先輩だって

 

誰だって

 

人と関わり、指導する人は

 

先生のところを置き換えて読んでみるといい。

 

 

 

さあ、2学期だ。

 

今学期、全力でinspireしていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって映画の話。

 

ディズニー映画「ムーラン」は、新型コロナウイルスの影響で劇場公開が中止となった。

 

しかし、9月4日からディズニーの公式動画配信サービスで配信されるとのこと。

 

月額700円(税別)の会員料金に加え、

 

プレミアムアクセス料金2980円(税別)を支払うと、

 

様々なデバイスで何度でも視聴可能。

 

字幕版と日本語吹き替え版の両方が配信される。

 

私は新しい映画の楽しみ方だと思う。

 

例えば、受験生やその家族は、

 

特に受験期には、インフルエンザなどには細心の注意が必要だ。

 

受験生はさておき、家族が映画館などの場所に行くと、

 

感染しかねないので、そういう外出をともなう娯楽を控える人も多い。

 

でも、ただでさえストレスのたまる時期だから、受験生の家族だって気分転換が必要だろう。

 

映画はお手軽な気分転換方法だと思う。

 

劇場ならではの大迫力も捨てがたいが、

 

このような映画の楽しみ方もあっていいと思う。

 

他社も追随してくるのかな。

https://eiga.com/news/20200824/2/?fbclid=IwAR3CZ5-2-_Vecs9LBCThzY8kORpKsm88nECXXFk4JNPQGcshE2KghClJPek

 

 

 

 

 

前の記事

偏差値

次の記事

習慣