習慣

北辰テストでは、

 

英語の配点のうち

 

リスニングが28点、英作文が10点である。

 

合計38点。

 

対策していれば、手堅く得点できる。

 

だから、うちの塾生は英語が得意不得意にかかわらず、

 

英作文とリスニングは、全員ミスが許されない得点源だと考えている。

 

 

 

 

 

具体的には

 

リスニングは日々のトレーニングが大切なので、

 

ラジオの基礎英語などをおススメしている。

 

時期がくれば、

 

PCなどで再生スピードを調整してwpmを上げていく。

 

 

英作文は

 

フォーマットをいくつか覚えてもらい、

 

パターンを作りあげる。

 

そして、ひたすら演習を重ねていく。

 

 

 

 

昨日、中3の生徒と話していた時、

 

 

朝の起床時間が話題に上がった。

 

 

「NHKラジオ英語があるので、6時過ぎには起きています。」

 

 

この生徒は夏休み前は、まだ始めていなかった。

 

 

始めて1ヵ月弱くらいかな。

 

この調子で続けていこう。

 

あと1ヵ月。

 

そうすると習慣化されるから。

 

 

 

ロンドン大学によって行われた実験によると、

 

新しい習慣を身につけるために必要な日数は

 

平均66日間なのだそうだ。

 

約2ヶ月といったところだろうか。

 

加えて、重要なことは常に完璧を求めない、

 

設定の50%のことでも続けてみる、

 

1日サボったからといって2日目以降もサボらない、

 

など100%ではなくても続けてみることが習慣化につながるのだそうだ。

 

 

 

入塾以来、成績を上げ続けてきているから、

 

そろそろスランプもあるかもしれない。

 

でも、そうなったとしても、

 

持ち前の粘り強さできっと乗り越えられる、

 

そう思う。

 

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって宇宙の話。

 

宇宙が終わる前、

 

死にゆく星は最後の花火を打ち上げるだって。

 

宇宙のおわりの話なんて

 

途方もないくらい先の話だけれども。

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/082100484/?rss&utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook&fbclid=IwAR2GYOnKJCjncBeVztTY2J0mYryj727d4u18l7iK4zcJpEIwbCtzDCSUVqU

 

前の記事

インスパイア

次の記事

リンカーンの教え