アドバイス

授業中、

 

先生が生徒に質問する。

 

一生懸命答えを考える子もいれば、

 

下を向いてノートに一生懸命何かを書いている子もいる。

 

同じ一生懸命でも、

 

伸びるのは答えを考えている子。

 

ノートを書いている子は頭を使っていない、

 

勉強しているポーズをしているだけ。

 

ノートなんていいから、

 

頭から湯気が出るくらい考えてみようよ。

 

頭は使わなければ、賢くはなれない。

 

しっかり考えて、答えが当たった時には

 

ドーパミンも分泌されて学習効率もさらに高まるしね。

 

もしも、ノートをとるポーズが癖になってしまったら、

 

残念だけど、伸び目は少ないものになってしまう。

 

頭を使って、

 

先生の先回りしたりするんだよ。

 

次に先生が言うことを予想してみたりとかするんだよ。

 

とにかく、先生の作り出すスピードにしっかりとついていく。

 

大事なのはマイペースじゃダメなんだってこと。

 

聴く・考える・解く・書く

 

切りかえも素早くする。

 

頭の回転もこんなところから速くなっていくんだよ。

 

授業中は受け身じゃダメなんだ。

 

いっぱい頭使って、攻めなければ伸びないよ。

 

すぐには変われないかもしれない。

 

でも、変わりたいと思って一生懸命取り組んでいると、

 

気がついたら変わっている自分がそこにいるんだよ。

 

 

前の記事

書初め

次の記事

東京都の私学助成