よき友

「人間が一人でいるというのは、よくないことだ」

 

 

「むしろ何事かをなしとげようと思ったら、他人の協力と刺戟が必要だ」

 

 

ゲーテが晩年、青年に語り残した言葉である。

 

 

彼は、戦乱や対立が渦巻く時代にあって、果敢に友情を広げたことで知られる。

 

劇作家のシラー、

 

歴史家のカーライル、

 

詩人のプーシキンら、その交友は多彩だ。

 

こうした人間交流の触発から、数々の名作が生み出されていった。

 

ゲーテにとって友情とは、生きる上で中心となるものだったのだ。

 

 

ある時、シャカに、弟子の阿難が尋ねた。

 

「善き友を持てば、仏道を半ば成就したことになりますか?」。

 

するとシャカは答えた。

 

「それは違う。

 

善き友を持つことは、仏道の半ばではない。すべてなのだ」と。

 

生命と生命は感応し合う。

 

元気な友と語り合うと、元気になる。

 

勇気の友と一緒に動けば、勇気が出る。

 

待っていてはだめだ。

 

自分から動かなければ。

 

 

 

 

さて、話は変わって夏休みの宿題のはなし。

 

今年はどの学年も例年に比べて宿題の量が少ないようだ。

 

ほとんどの生徒がすでにほぼ終わっている。

 

夏休みの終わりに大慌てで取り掛かるなんてことはなさそうだ。

 

とすれば、夏期講習での学力アップに全力を注いでみるといいだろう。

 

テキストの解きなおしもやってほしい。

 

うちの塾の受験生は、先月から電話帳を解き始めているが、まだ解き終わった生徒はいない。

 

今月中に第1号が出るかな?

前の記事

おにぎり

次の記事

こころ