ずうっと、ずっと、大すきだよ

小学1年生の教科書にある作品で、

 

ハンス=ウイルヘルム作の「ずうっと、ずっと、大すきだよ」

 

という本がある。

 

うちにも大分昔に娘に買ってあげたその絵本がある。

 

 

 

家で飼っているエルフという犬の話。

 

エルフのあったかいお腹を枕にするのが好きだった「ぼく」。

 

家族はみんなエルフが大好きだった。

 

でも言わなくてもわかると思っていたから、

 

誰も「好き」って言ってやらなかった。

犬の寿命は人より短い。

 

それは仕方のないこと。

 

「ぼく」が大きくなるよりもすっと早く、

 

エルフは年をとっていった。

 

グングン太って、

 

歩くのがおっくうになり、

 

寝ている時間が多くなった。

 

そして、「ぼく」が朝起きると、

 

エルフは死んでいた。

 

家族はみんな泣きながらエルフを庭に埋めた。

 

「ずっと、大好きだよ」と言って。

 

私の実家で犬を飼っていた。

 

名前はエル。

 

近所のスーパーの近くの広場で、

 

3匹の子犬が段ボールの中で捨てられていた。

 

たぶん兄弟なのだろう。

 

1匹が拾われていった。

 

もう一匹も拾われていった。

 

残ったのは

 

一番人になつかなかった茶色の犬。

 

うちの母が見かねて

 

連れてきた。

 

その日からうちで飼うことになった。

 

うちの家族はそれまでは

 

そんなに動物好きというわけではなかったと思う。

 

でも、その日から

 

みんながエルのことを家族の一員として受け入れた。

 

最初は噛んだり、脱走したりしたけれども、

 

だんだん落ち着いていった。

 

冬は家の中で一緒に過ごした。

 

それから20年近くいっしょにすごしてきた。

 

でも、別れの日はやってきた。

 

みんな別れが悲しかった。

 

だけど、今でもエルの話題は頻繁に出てくる。

 

だって、みんなエルのことが

 

ずうっと、ずっと、大すきだから。