いつでもどこでも

インドの第1代首相ネルーは生涯9度も投獄されている。

 

インド独立運動に身を投じたからだ。

 

最初の投獄の際、独立運動に参加できない焦りといら立ちを

 

ガンディーに訴えた。

 

 

 

ガンディーはネルーに手紙を送り、

 

 

「もっぱら何か大きな研究や手仕事をするように」

 

 

とアドバイスした。

 

 

以来、ネルーは獄中で執筆活動に打ち込んだ。

 

 

 

 

 

一方、ガンディーは自らが投獄された刑務所を

 

 

マンディルと呼んでいた。

 

 

マンディルとは寺院を意味する。

 

 

ガンディーにとって、刑務所でさえ

 

 

自身を磨く場所であったのだ。

 

 

身は鎖につながれていても、

 

 

ココロは自在だった。

 

 

 

 

私たちには、日々の生活の中に

 

 

様々な制約がある。

 

 

しかし、どこにいようと

 

 

どんな制約があろうと

 

 

人生は心ひとつで変わる。

 

 

インドの偉大な指導者たちが

 

 

それを教えてくれた。

前の記事

体験談

次の記事

飴細工