✕を分析する

公立入試まで残り2週間となった。

 

ここから最後のトレーニングを始めよう。

 

得点力アップのトレーニングだ。

 

具体的に

 

何をやるかというと、

 

「解きなおし」だ。

 

今までに解いてきた

 

北辰テスト、公的テスト、過去問、予想問題など

 

のすべての✖を見直してみるのだ。

 

そして3種類に分類する。

 

①知識・理解不足で✖になったもの

 

②作問者の意図を理解できなかった・問題の読み間違えで✖になったもの

 

③時間が足りなくて解けずに✖になった

 

以上の3種類に分類し、

 

本番に活かすのだ。

 

①は割愛する。

 

②は何をどのように答えればよかったのかを

 

しっかりと確認すること。

 

本番当日に同じようなミスを絶対にしないために。

 

③が多々ある人は、当日の試験中の時間配分を今から意識することで

 

得点が大きく変わってくるだろう。

 

あえて解かないでおく「捨て問」を作ることで、

 

時間不足を補ったりしよう。

 

反省ノートを作ってみるといいだろう。

 

本番当日の20分休みに

 

目を通してみるといいだろう。

 

同じミスを防ぐためにも。

 

 

答案が全て〇ならば、別に構わないのだけれども、

 

ひとつでも✖があるのならば、

 

必ずそれを分析してみよう。

 

特にボーダーラインぎりぎりくらいの受験生は入念にやるべきだ。

 

なぜならば、

 

その解きなおしの成果が合否を分けると言っても

 

過言ではないからだ。

 

 

 

新しい知識を入れるよりも

 

取れるべきものを確実に取れるようにする方が

 

得点力は上がる。

前の記事

兄弟げんか

次の記事

リビング学習