your way

早稲田大学に合格したけれども、一回も授業に出ないまま退学した人がいたらどう思いますか?

 

 

親に学費を払ってもらってですよ。

 

 

そりゃ親不孝の不届きものですよね?

 

 

でも、いるんですよ、そんな人が。

 

 

しかも、全然だめじゃないんです。

 

 

とても素敵な人なんです。

 

 

リンク先の7分13秒のところからみてください。

 

本人が語っています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=Cen4BF1E_H8

 

 

 

 

 

 

 

黒田武くん。

 

さぼりたかったわけではない。

 

やりたいことがあったのだ。

 

チンパンジーの飼育員(アニマルトレーナー)がやりたかった。

 

志村けんさんのテレビ番組に出ていた飼育員の方に強くあこがれていたのだ。

 

高校卒業の時期になってもあこがれは強くなるばかり。

 

親に話しても反対されてしまった。

 

大学を卒業してからにしなさいと。

 

でも、彼は待ちきれなかった。

 

彼ははるばる宮崎へ。行先はあこがれの飼育員の方のいる動物園。

 

断られた。

 

あきらめずに再度訪問。

 

こうなったらもう執念。

 

 

超がつくくらいの進学校に通っていたので、

 

自分の今までやってきたことのケジメのため、そして親のために早稲田大学を受験。合格。

 

 

ケジメをつけて彼は旅立った。

 

宮崎へ。

 

もう周囲は根負け。彼の粘り勝ち?かな。

 

夢をつかみ取ったのだった。

 

 

 

 

 

 

彼は小中と指導させてもらった教え子。

 

周りを明るくしてくれる子。思いやりのあるやさしい子。

 

中学生のときは、定期テストで5教科500点をとったこともあるくらいの頑張り屋。

 

 

 

 

 

彼は今、自分の選んだ道を歩いている。

 

夢を仕事にして。

 

自分に偽らない、かっこいい生き方をしている。

 

 

 

宮崎に旅立つ前に挨拶に来てくれた。

 

キラキラ輝く目でいろいろ話してくれたことを今でもはっきりとおぼえている。

 

その後、帰省した時にも会いに来てくれた。

 

相変わらず、きれいな瞳で仕事のことを語ってくれていた。

 

 

 

中学卒業の時にキミがくれたマグカップ今でも家でありがたく使わせてもらっていますよ。

 

 

 

 

 

そろそろ、キミのところにかつてのキミのような弟子入り希望が来てもいいころかな?

前の記事

細田学園説明会

次の記事

人間の実相