WIN

アメリカのある高校に

 

ラグビー部を全国優勝の常連に押し上げたコーチがいた。

 

彼が訴え続けた言葉は「W・I・N」。

 

それは“試合の結果”以上の意味を持っていた。

 

彼の言う「WIN」とは

 

「今、何が重要か?(What’s Important Now?)」の頭文字。

 

チーム全員が、

 

常に自らに問い掛け、

 

考えるべきだと彼は言う。

 

過去にとらわれたり、

 

相手の出方を気にしたりするのではなく、

 

「今、この瞬間」を意識し、

 

やるべきことに集中する指導方針で

 

常勝チームを育てたのだ。

 

 

 

今、自分にとって

 

何が重要か考える。

 

自分で動くんだ。

 

 

遠足や修学旅行、部活動の遠征や大会などなど、

 

塾の授業が直前や直後にあるときに、

 

休みたくなる気持ちはよくわかる。

 

疲れるしね。

 

大変だしね。

 

 

 

 

でもね、

 

結果を出す生徒は

 

例外なく、

 

 

休まないんだ。

 

こっちが心配しちゃうくらいに休まないんだ。

 

当人は今の自分にとって授業が

 

とても大切だと分かっているからね。

 

まさにWINだ。

 

そんな日々の積み重ねが

 

途方もない差を生むことになるんだ。

 

 

 

受験の時期に痛感するのは、

 

日々の積み重ねがいかに大切かってこと。

 

1回の授業を甘くみてはいけない。

 

たかが1回、されど1回なのだから。

 

WINの精神で自分にとって大切なことを

 

最優先にしよう。

 

 

 

さて、受験生のみなさん、

 

日々を3倍の密度で過ごせば、

 

あと3ヵ月分できるんだ。

 

WINのキモチを忘れずに、

 

ガンバレ受験生!

 

 

 

 

次の記事

区別が難しい