tofu

アメリカでは、コロナ禍で豆腐が良く売れているとのことだ。

https://yagiusa.themedia.jp/posts/8512155/

 

 

 

豆腐は、かつて米国で「家畜の餌」と呼ばれ、

 

最も嫌いな日本の食べ物に挙げられていた。

 

それが今、健康ブームも手伝って、

 

多くのスーパーで販売されるまでになった。

 

 

 

乳業企業の駐在員が豆腐を米国に持ち込んだのは、20年前。

 

彼は試行錯誤の末、米人向けレシピ本を出版。

 

「ミスター・トーフ」と名乗り、

 

新聞の連載やラジオ番組も手がけた。

 

普及への突破口は、飲み物にしたシェークだった。

 

 

 

“売れない”と思ったら、勝負は始める前から負けている。

 

骨を埋める覚悟で打ち込めば、できないことはない。

 

仕事を成した彼の結論である。

 

 

同じ課題でも、“やらされている”と思えば重荷になる。

 

が、覚悟を決め、その課題にやりがいを見いだせば、

 

成長の手応えも、充実感も得られる。

 

 

 

「働くことが楽しみなら、くらしはすばらしくなる!

 

働くことが義務になったら、一生奴隷ぐらしだよ!」とは、

 

ロシアの文豪ゴーリキーの劇「どん底」の言葉だ。

 

 

 

「義務」と思うか、「権利」と思うか。

 

挑む姿勢で、得られる結果は、百八十度変わる。

 

どんな壁でも越えてみせるとの覚悟があれば、

 

知恵も喜びもわく。

 

目指すべき壁は今、目の前にある。

前の記事

勝ち続ける理由

次の記事

原点と座標軸