IT化

高校受験の出願で

 

インターネット出願が登場したのはそんなに古い話ではない。

 

大学入試、中学入試よりも高校入試の変化は遅いことが多い。

 

来年度の募集要項は今月中に判明するけれども

 

ほぼすべての高校がインターネット出願になるのではないかと思う。

 

今日参加されてもらった高校の塾説では、出願のみならず、

 

合格発表も、そして手続きもインターネットのみに変更になっていた。

 

 

 

インターネット出願の初年度は知識がなかったので、

 

保護者の方といっしょに

 

募集要項を読みながら

 

苦労して出願のお手伝いをした。

 

証明写真も画像データを添付することに驚いた記憶がある。

 

中学校にカメラマンが来て撮影し、

 

データをCDでもらっていた。

 

時代は変わったなと感じた。

 

今はスマホ一台あれば事足りるので

 

PCやプリンターを持たないご家庭もある。

 

だから、インターネット出願が始まって以降、

 

毎年出願のお手伝いをしている。

 

 

 

 

数年前に、

 

ある高校の先生に聞いたことがある。

 

その学校がインターネット出願にしない理由は

 

インターネット環境などを持たないご家庭への配慮だそうだ。

 

でも、その学校も今ではインターネット出願をするようになっている。

 

時代の変わり目を通り過ぎたのだ。

 

 

 

インターネットによる出願だけでなく、

 

ホームページの充実も加速されている。

 

 

 

斬新なアイデアは

 

大学が先陣を切るのはいつものこと。

 

中学や高校がそれに追随していくことになる。

 

先頭集団を走っている大学はかなりすごい。

 

以下ご覧あれ。

 

 

 

東京大学

http://cdn.pr.u-tokyo.ac.jp/entry.html

 

https://gogatsusai.jp/93/visitor/

 

早稲田大学

https://www.waseda.jp/taiken-waseda/events/oneyear/

 

https://www.wasedasai.net/

 

 

 

 

 

 

 

話は変わって車の話。

 

海外では、自動運転タクシーが実証実験で公道を走り始めたとのニュースが。

 

5年後くらいには、自動運転が普通になってきているのかな。

http://j.people.com.cn/n3/2020/0914/c95952-9759864.html?fbclid=IwAR0LJN4q-GrdDHF_mW2hdk1TnjWVpPhDZWPwrcmd3bXOykT9LbKRhb2wYR0#0-fbook-1-99446-b182d7286068ff4101843e17368e4b10

 

前の記事

無条件の愛

次の記事

メキシコ