切磋琢磨

子どもたちを「原石」と呼ぶことがある。

 

まさに、これから輝く未来を生きてほしい子どもたちに

 

ピッタリなことばだと思う。

 

原石にまつわるエピソードを紹介したい。

 

15世紀、宝石職人が雇い主の娘に恋をした。

 

雇い主は「もしダイヤモンドが磨けたら」

 

と無理難題を持ちかける。

 

ダイヤは、日本名が「金剛石」と言われるように、最も硬い石。

ダイヤモンドの原石が輝くまで | 高品質ダイヤモンドのルーツとは【BRILLIANCE+】

うまく磨けない。

 

万策尽きた彼は、いくつものダイヤを投げつけた。

 

すると、どうだろう?

 

ダイヤ同士がぶつかって世界一の輝きが生まれた。

 

「ダイヤはダイヤでしか磨けない」ことを発見したエピソードとされるが、

 

これは自分を磨くことにも通じよう。

 

人はひとりでは磨けない。

 

仲間や先生たちとともに磨かれていく。

 

一生懸命やっている自分が

 

周りのメンバーを磨いている。

 

一生懸命やっている仲間が

 

自分を磨いている。

 

同じ空気を共有した仲間だからできること。

 

うちの塾の塾生たちが磨かれていくように

 

私も磨かれる。

 

子どもだけじゃない

 

大人だって磨かれるのだ。

 

夏休みも残りわずか。

 

自身を磨き上げていこう。

コメントを残す

前の記事

全部やろう

次の記事

個別相談