言葉の違い

一昨年の小学校、昨年の中学校の学習指導要領の改訂。

 

これらは10年に一度のいわばフルモデルチェンジだ。

 

新しい教科書には時代に合わせた新しい内容が盛り込まれる。

 

その中で頻繁に目にする言葉がある。

 

前の教科書には登場していない言葉だ。

 

お分かりだろうか?

 

それは・・・・・・

 

 

 

 

 

 

「SDGs」だ。

持続可能な開発目標 - Wikipedia

SDGs とは、2015年9月の国連サミットにおいて採択された

 

「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のこと。

 

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標で、

 

17のゴールと169のターゲットで構成されている。

 

その理念は素晴らしい。

 

自分のことだけ、自国のことだけでは

 

これからの世の中、うまくいくわけがない。

 

しかし、このSDGsという言葉が日本以外ではあまり使われてないのでは・・・という話がある。

 

たしかに、海外記事にはほとんど出てこない。

 

WSJ や NYT の記事検索でも出てこなかった。

 

sustainable や ESG はよく出てくる。

 

海外では SDGs ではなく ESG の方が一般的らしい。

 

ESGとは、以下をご覧いただきたい。

ESG投資とは? | 大和証券

 

 

欧米で一般的に使われるといわれている ESG と

 

SDGs の検索シェアで国別の比較してみたら以下のようだった。

写真の説明はありません。

 

 

 

 

ESG と SDGs のどっちが多く使われているかを比べてみると興味深い。

地図、、「ESG SDGs」というテキストの画像のようです

より良い世界を目指すことが本質であり、一番大事なのだけれど、

 

みんなで足並みをそろえるのならば

 

合言葉も合わせたほうがいいのではないだろうかと思う。

 

次回の教科書改訂でSDGsが教科書からなくなることはないだろうけれど

 

注視していきたいと思っている。

 

 

コメントを残す

前の記事

希望

次の記事

叡知の輝き