魔法の呪文

「アブラカダブラ」という魔法の呪文を聞いたことがあるだろう。

 

この意味を知っているだろうか?

 

諸説あるのだが、

 

この言葉は

 

メソポタミア地方で紀元前に使われていたアラム語の言葉で、

 

私が言うとおりになる」もしくは、「私は自分の話す言葉で創造する」となり、

 

自分の意識を集中させたものが大きくなる」という意味合いがあるそうだ。

 

 

 

 

 

 

「人の一生は人の思考からできたものである」と言ったのは、

 

ローマ皇帝で哲学者でもあったマルクス・アウレリウスである。

 

ハーバード大学の心理学者ウィリアム・ジェイムズは、こう述べている。

 

人類史上最大の発見は、

 

人間は自分の心の持ち方を変えることで人生を変えることができるということだ。

 

ただ、求める事柄が現実であると思えばいいのだ。

 

そうすれば、それは必ずやわれわれの人生との関わりを徐々に強める形で現実となる。

 

それは現実となる定めなのだ

 

ジェイムズはさらに、次のように結論づける。

 

「ある結果を十分に求めさえすれば、それを手に入れたに等しい。

 

裕福になりたいと願えば、人は裕福になれる。

 

知識を得たいと願えば、人は知識を得られる。

 

善人になりたいと願えば、人は善人になれるのだ」

 

人間の最も重要な性質は、理性だ。

 

考える力は、人の基本的生存手段、つまり、自分の欲するものを獲得するための唯一の手段なのである。

 

簡単に言えば、信じれば成功するということだ。

 

 

 

 

 

為せば成るというが

 

放置していると

 

やる気は消えてなくなる。

 

自分の思い描く理想を声に出してみたりして

 

新鮮な気持ちで取り組んでいこう。

 

アブラカタブラ。

 

毎日、初心忘れずに取り組んでいけば

 

思った通りになる。

コメントを残す

前の記事

自転車

次の記事

努力